日誌

カテゴリ:ソフトウェア

キラキラ ワイルドカード

 

トランプやUN〇のようなカードゲームで特別な効果を持つカードを指しますが,コンピュータ操作では複数のファイルやデータを指定するために活用する特殊な文字のことになります。

Windowsのコマンド操作では「?」が1文字分,「*」が0文字以上の任意の文字列をあらわします。たとえば図のデータに対して「*ka*」で操作する場合,「mikan」「ponkan」「suika」が該当することになります。

  

※OSやアプリケーションによりワイルドカードの種類は異なります。

下 電源ONーOFF

機器を使用するとき先ずは電源操作しますが、電源ONを「電源を入れる」、電源OFFをよく「電源を切る」「落とす」とも言ったりします。一般的にも言うことが多いので「電源落として~」「電源切っといて~」といわれて、いきなり機器を机から落としたりケーブルを実際に切断したりする人はもういないと思います。

コンピュータの多くは様々なソフトウェアが動作しているので、正しい「シャットダウン」手順で電源OFFしましょう。

ビジネス パス

ITパスポート試験の略称でIパスといったり、パスワード入力のことを口頭ではパス入れて~と言ったりもしますが、ここではファイルやフォルダの構造のことを説明します。

スマホだけを扱っている場合は意識しづらいですが、パソコン操作やソフトウェア開発をするときには様々なファイルの位置関係を意識しなければなりません。

ファイルやフォルダの位置関係を表す文字列をパスと呼びます。Windowsを例とすれば、ドライブ名「C:」に続いて「¥」で区切られたフォルダ名が続きます。

ピース コミットとアボート

オンラインで処理される銀行システムやチケット発行など、不具合でお金につじつまが合わない結果が発生することは許されません。

データベースシステムでは、一連のデータ処理(トランザクション)が確実にできる機構を備える必要があり、処理の成功をコミット、失敗をアボートと呼びます。基本的に一連の処理後に、さらに「コミット処理」という正常に一連の作業がなされているかの処理がなされ「コミット済」ではじめてデータ確定となります。データ処理中はもちろんコミット処理中でも異常があればすべて「アボート処理」に入り、さらに「アボート済」でデータ更新なされていない状況に戻ります(ロールバック)。

 

 

虫眼鏡 Mnemonic

ニーモニック(ニモニック)コードという言葉はアセンブリ言語を扱うときによく出てきますが、アセンブリ言語にかかわらず意味が連想できる英数字や記号の組合せをコードとして割り当てる方式のことです。(表意コードともいう)

アセンブリ言語は数値のみの機械語をLDやADDなど動作の略語で対応させたものですが、身近なところでWebサイトのアドレスでも、「~.jp」「~.uk」「~.us」のように国名から略してつけられています。

一時期流行ったKY(空気読めない)などの略語も当時としては、日常の一言をコード化したニーモニックといえるかもしれません。

グループ コンピュータのタスク管理

どんなコンピュータでもOSをはじめ幾つものプログラムが動作して成り立っています。そしてCPUの作業単位をタスクといいます。

細かいタスクを優先順位などでOSが管理する形式をプリエンプティブといいます。タスクは「実行状態」と、CPUの順番を待つ「実行可能状態」と、入出力などを待つ「待ち状態」としてOSに管理されます。優先順位の高いタスクが発生すると実行状態でも一旦に実行可能状態になり(プリエンプション)、先のタスクが終わって実行可能状態から実行状態になります(ディスパッチ)。

これに対し、個々のプログラム基準でタスク実行から離れるか待ち状態で順次タスクが実行される形式をノンプリエンプティブといいます。

重要 ゼロ除算

10÷0=?

数学的には不定や計算不能などありますが、プログラミングでも計算するデータ型によって違う結果が得られたり計算不能としてエラーが返されたりします。重要なシステムに限らず、突然止まったりとんでもない結果が返ってきたら困ります。より安定した動作実現のために、除算する変数をチェックしたり例外処理を組み込んだりすることが重要になります。

(プログラミング言語や変数の型によって結果が異なることも是非試してみましょう)

キラキラ RGB

プログラムなどでディスプレイ画面で見る「色」を指定する場合、基本的に光を合わせて表示するので加法混色(additive mixture)が用いられます。Red,Green,Blueの3色の組み合わせで表現します。多くの場合、各色8ビット(256段階)であらわしますが、3色の値が少ないほど黒に近づいて大きくなるほど白に近づきます。(3色×256段階=1677万7216種類の色が表現できる)

 16進数で各色を連ねた「カラーコード」という表記がWebページでよく扱われます。黒(black)なら#000000,赤(red)なら#ff0000,紫(purple)なら#800080 になります。「カラーコード」などで検索すると色と数値の対応が紹介されたページが多くあります。

ノート・レポート COBOL

COBOL(COmmon Business Oriented Language)は1959年に開発されたプログラミング言語です。この言語で新たにシステム開発が行われることは無いかもしれません。

役割別に4つの部(DIVISION)とさらに節(SECTION)で構成されていて高い可読性があります。コード内で帳票入出力の設計がしやすいなど、非常に事務処理に特化しています。

(画像は https://paiza.io で給与算出を想定してコードを作成したものです。正式には何を何文字目から記述するかについて決まりがあります。)

視聴覚 H.264/MPEG-4 AVC

スマホやパソコンなどインターネット経由で動画を見るときによくお世話になるコーデックです。テレビの地上デジタル放送やDVDビデオは主にMPEG-2が使われています(ワンセグ放送やBlu-rayDiscビデオはMPEG-4)。MPEG-2でもかなりのデータ圧縮(元データに比べ10分の1など)が行われていますが、MPEG-4では更に倍程度のデータ圧縮率が実現されています。