日誌

視聴覚 CODEC

CODEC(コーデック)は動画や音声を扱うときによく出てきます。

音楽であれば、実際に演奏されている音をマイクから取り込んだのち、例えばMP3という形式にのっとってコンピュータのデータに変換(符号化)する「Coder」(enCoderともいう)と、保存などされたMP3形式のデータをスピーカーで再生させるための周波数信号に変換(復号化)する「Decoder」がセットになります。※「Compression/Decompression」(圧縮/伸長)の場合もあります。

ソフトウェアだけでなくハードウェアでもいくつかのCODECが実現されていますが、基本的にはプレイヤープログラムがCODECを利用しデータの再生をしています。